生活保護と消費者金融、必ず心得ておきたい両者の関係!

お金に困っている方の身の上話によく登場するのが、「生活保護」と「サラ金」ではないでしょうか。この二つはどちらもお金に困っている方が最終的に利用することになるサービスです。

生活保護とは、何らかの事情で働けなくなった方でも飢え死にすることがないよう、最低限の生活を保障する公的扶助です。市役所などで申請し、審査に通過できれば社会からの生活支援を受けることができます。

一方のサラ金とは、民間企業などによって提供されている金融サービスの一つであり、お金の借入をすることができます。要は借金です。

両者は目先のお金が手に入るという点で共通しているため、お金に困っている人から頼りにされやすいサービスです。お金に困っている方にとってみると、いざというときに利用できるサービスが公共・民間でそれぞれ提供されていることに、大変な心強さを感じることもあるでしょう。

ですが、この両者には絶対に心得ておくべき関係性があります。そのことについて、簡単にご説明しておきましょう。

先に答えを言っておくと、生活保護とサラ金、この二つのサービスはどちらか一つしか利用することができないとご理解ください。つまり、生活保護を受けながらサラ金からもお金を借りるといったようなことはできないのです。

なぜこの両者は両立不能なのでしょうか。それは、生活保護とサラ金、それぞれを利用する上で必要になる条件を考えればわかります。

まず生活保護について、これが最低限の生活を保障する公的扶助であることは先にも述べましたが、これは当然「何らかの事情で自分の収入が得られなくなった方」が対象になります。働けるのに働かないといったような相手が受けられる類いのサービスではありません。例えば、仕事ができないくらいのひどい怪我や病気などにより、生活をまかなうだけの収入が得られなくなったケースなどに許可が下りるとイメージしてください。

一方のサラ金の場合、「貸したお金に利子をつけて返せる方」にだけサービスが提供されることがほとんどです。サラ金もボランティアで提供されているのではなく、れっきとしたビジネスです。売り上げは利子によりますから、利子をつけて返せるだけの収入がない方にはお金を貸し付けないのが一般的です。したがって、お金に困っていると言っても、まったくの無収入の方はサラ金を利用できません。

ここで両者の条件を加味し、二つのサービスを同時に受けられるかを考えてみましょう。

生活保護の申請が通るほどの事情で収入に困っているのであれば、かなりの確率でサラ金の審査を通過することができません。利子をつけてお金を返せるだけの収入が無ければ、サラ金はお金を貸し付けないからです。逆に、その条件をクリアできるのであれば、今度は生活保護の審査を通過することができません。借りたお金に利子をつけて返せるだけの収入があるのであれば、生活保護の対象者として不適格だからです。

以上のようなことから、生活保護とサラ金はどちらか一つしか選べない可能性が高いのです。このことをよく心得ておきましょう。

ちなみに、サラ金などの利用によって借金がかさみ、これで生活が困窮して生活保護を考えられるケースがあります。この場合、生活保護のお金でサラ金への支払いをするという方法を思いつくかもしれませんが、このケースではまず先に自己破産を行なってから生活保護に移行するのが一般的です。このケースにおいても両者を両立させることは不可能ですからお気を付けください。

閉じる