「サラ金=危険」は本当?正しく知るべきサービスの実態!

「サラ金で借金を作るのは危険だ」という声がしばしば聞かれます。サラ金を利用すると人生が破綻するというような言われ方をすることもあるのですが、それは果たして本当なのでしょうか。

それは必ずしも正しい認識とまでは言えません。サラ金を利用しても人生を破綻させずに生活している方はいらっしゃいます。サラ金が少し特殊なサービスであるのは間違いありませんが、イコールで誰にとっても危険とまで言うのは少し行きすぎというものでしょう。

そもそも、現在は消費者金融と呼ばれることも多いこれらのサービスが利用者を必ず不幸に追い込むようなサービスを行なっているのだとしたら、社会から存続を許されるのでしょうか。

「サラ金は危険!」というイメージがどうしても強い方は、以下のことについて、是非確認してみてください。

まず、サラ金業者は決して違法なことをやっている業者ではありません。れっきとした一企業として社会の中で活動しており、関係各所への届け出などもきちんと行った上でビジネスを行なっている業者がほとんどです。合法的なサラ金と違法な闇金が混同されていることもありますのでご注意ください。サラ金は、あくまで合法です。

ではなぜ合法であるはずのサラ金に「危険」というようなイメージがつきまとうのでしょうか。

一つは過去のイメージが尾を引いていることがあります。サラ金という名称は現在はあまり使われておらず、「消費者金融」などといった呼ばれ方をするのが一般的になりつつあります。サラ金が「サラ金」と一般的に呼ばれていた頃、サラ金の貸付によって多重債務に陥る方が後を絶たず、社会問題にまでなったことがあります。

その当時の問題を今でも覚えている方にとってみると、「サラ金=危険」というような図式が直感的に頭に浮かびやすい部分はあるでしょう。

現在は法律も整備され、過去とは違い健全な利用が可能になるような下地が整えられています。変わったのは業者の名称ばかりではありませんので、以前よりは安心して利用できるようになっています。

サラ金のイメージが今一つであるもう一つの理由は、単純に借金をすることへのリスクを危険視した意見であることが多いのです。

借金というものにはすべからくリスクがつきまといます。借りたものは返さなくてはならないわけですから、要は未来に自分が手にするお金を先に手に入れているととらえている方もいらっしゃるでしょう。

しかしそれは単にお金を手にするタイミングを先倒しにしただけという話ではありません。お金を借りた対価として利子が発生しますから、本当に将来手にするお金よりは手取りが少なくなりがちです。さらに、お金を返すためのアテが外れ、返せると思っていた借金が返せなくなり、窮地に追い込まれる可能性もないわけではありません。そのような事態に陥ると、一気に借金が苦しくなります。

借金にはこのようなリスクがありますから、確実性を重んじる方達からはどうしても敬遠されがちです。そして、借金そのものを提供しているサラ金というサービス自体が「危険である」として認識されがちなのです。こちらのケースを厳密に言えば、サラ金というより借金そのものを危険視しているといったほうが正確であり、決してサラ金業者が特別に危険だということではありません。

以上のようなことから、「サラ金=危険」という図式はそこまで成り立たないことがわかりますね。むろん業者にもよりますし、借金そのものにリスクがあるのもその通りですが、利用すれば一方的に不利益を被るような、その手の危険性はないということは正しく理解しておきましょう。

閉じる