金貸しの利用に超重要な限度額!それが決まるカラクリを大公開!

お金を一時的に借り入れられるサラ金業者は、お金を上手に運用できる方にとってはおもしろいサービスになることでしょう。よく利用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

サラ金の上手な使い方を心得た方にとってみると、どんどんお金を借りたいとお考えの方もいらっしゃるとは思いますが、残念ながらサラ金も利用を申し込めば無制限にお金を貸し付けてくれるわけではありません。

サラ金の利用経験がある方はご存じでしょうが、サラ金には「利用限度額」というものが設定されるのが一般的です。利用は、その限度額の範囲内でのみ行なわれるのが通常で、その限度額を超える額を借り入れることは不可能なのです。

この対応を特に気にしていない方、実はもっと借りたいので不満を持っている方、いろいろ感想がおありだとは思いますが、この限度額が決まるカラクリをご存じでしょうか。限度額も適当に決められているのではなく、それぞれの相手にあった限度額が決まるメカニズムがあるのです。それを知れば、さらに上手にサラ金を利用することができますので、是非知っておきましょう。

まず最初に確認しておくべきことは、サラ金のサービスを規定している法律の存在です。

サラ金の限度額は業者によっても多少の違いがありますから、法律の存在を知らないとなると、業者の規定によって限度額が決まっているものと感じられるのも無理はありません。ですが、実際にはサラ金業者のサービスを規定する法律の存在があり、業者はこの法律にしたがってサービスを提供しているのです。

大きく関係しているのは、総量規制と呼ばれるものです。これが借入限度額に大きく関わる法律になります。これは、業者が貸し付けてよいとされる限度額は、利用者の年収の3分の1までと定める法律です。業者はこの法律を受けて、利用者の限度額を設定しています。

例えば、利用者の年収が300万円であれば、業者側が貸し付けることのできる限度額は3分の1の額である100万円までと自動的に決まってしまうわけです。これは法令で定められた基準ですから、業者側にはこの基準を破ることができません。もっと借りたいと利用者が業者側に頼んでも、業者側にもどうすることもできないのです。

このことを知っておけば、もっとたくさんのお金を借りるための方法が見えてきますね。法令で年収の3分の1までと限度額が決まっている以上、限度額を上げるには自分の年収を増やせばよいのです。

先の例で言えば、年収を300万円から900万円に増やしたとしましょう。こうすれば法令は変わらずとも、自分が借りられる限度額は100万円から300万円に増えることになります。業者側にとっても、貸し付けられる額が大きいほうが利子という収入源を得やすくなります。その意味では、貸し付けられる額を大きくできる顧客はありがたい顧客ということになるでしょう。

このように、借入限度額は業者側が独自に設定しているのではなく、利用者のステータスによってある程度機械的に決まってしまう部分があることを理解する必要があります。

ただし、年収があまりに高くなると、年収の3分の1までも借りられなくなることがあります。業者ごとに、貸付可能な最高額というものがあります。これは各業者が独自に定めているもので、業者によって額の違いがあります。年収が高すぎて、3分の1の額にしても業者の最高額を上回ってしまう場合、業者の最高額のほうが限度額として決まってしまいます。この点には注意し、年収が高い方は貸付最高額の高い業者を利用しましょう。

閉じる